NHKをぶっ壊す

一票の格差問題を是正する条件は、地方分権。

そうすれば、国政議員の仕事は国政だけになるから、

地方に有利とか不利とかは関係なくなる。

そうであれば、東京の議員が多くいて、地方議員がいなくても

地方が繁栄しようが寂れようが国政選挙にはまったく関係なくなる。

だから、地方分権が完成するまで、

一票の格差問題は、棚上げするべきだろう。

逆に一票の格差問題は、地方分権を進める切り札にすることができる。

それなら、官僚も抵抗しようがない。

一票の格差問題を是正する条件は、地方分権となれば、従うしかない。

そこまで考えての行動なら、升永英俊弁護士(70)の行動は正しいと思う。