NHKをぶっ壊す

今日の国会でアベノミクスを検証していたので、私もやってみようと思う。

アベノミクスは、3本の矢で成功するらしいけど、

最近の円安、株高は、明らかに金融政策の効果。

だから、とりあえず金融政策が効果があるのか、どうか考えてみたい。

確かに変動相場性では、金融政策は効果がある。

一方、財政政策は、効果なし。

islmbp

IS、LM、BP分析で、理解できる。

金融市場の均衡線であるLM曲線が金融政策により右シフト。

金利が低下して、輸出が増える。

そうすると財市場の均衡線であるIS曲線が金利が均衡するまで

右シフトする。

結果、GDPは増加する。

しかし、日本はゼロ金利で金融政策は、「流動性のわな」で効かないはず。

ところが、デフレというのは、実質金利の上昇ではないのか?

というのが私の仮説。

デフレで物の値段が下がるということは、お金の価値が増えているから。

ということは、実際には、金利が付いていることと同じではないだろうか。

そうであれば、ケインズのマクロ経済学は、正しいということになる。

マクロ経済学の教科書どおりではないか。

であれば、今までなぜやらなかったのか疑問が残る。