NHKをぶっ壊す

住宅リフォームトラブル被害が増えています。

特に自宅のリフォームです。

その理由を私なりに考えてみました。

kaosyasin

まず、住宅リフォームは、新築以上に工事の難易度が高いのです。

特に自宅のリフォームは、お客さまが居住したままの状態での工事となるため、家具など障害物もあり、工事の難易度はさらに高くなります。

そして、最大の理由は、住宅リフォームは解体工事を伴うからです。

壊してみて、びっくり、始めてわかることがあります。

そして、壊した状況に応じて、対応するスキルが必要です。

だけど、500万円以下の工事は無許可の業者でも可能なのです。

ようするに、悪質な業者でも簡単に参入できるのが、

住宅リフォーム工事なのです。

お客さま自身も住宅リフォーム、特に自宅のリフォームは、めったにやらないので、

情報不足になりやすいのです。

美容院ならトラブルになれば、その店に二度と行かなければいいことです。

そうやって、優良な美容院だけが生き残ることになります。

その点、自宅のリフォームは、一発勝負です。

住宅リフォーム、特に自宅のリフォームは、一生に何回もやることではありません。

だから、住宅リフォーム業者もその場だけ、稼げればいいと考えがちなのです。

利益を上げるために、手抜きも辞さないのです。

トラブルになれば、社名を変えればいいと考えているのです。

ようするに、逃げ得になっています。

お客さんも悪質な住宅リフォーム業者に出会って、始めてわかります。

滅多に住宅リフォーム業者に関わることがないから、

安いという理由だけで、悪質な住宅リフォーム業者の被害に会ってしまうのです。

そして、もう一つ、注意したいのが、点検商法ですね。

床下や天井裏、屋根、外壁などを頼みもしないのに

「無料点検」して、

欠陥を見つけましたとばかり、不安を煽り、

契約までこぎつけるケースです。

やらなくていいような工事を

「特別に今なら、半額でやります。」と

多額の工事をやってしまうケースです。

この場合、被害に会ったことも気づかないことが多いようです。

解決策としては、

まず、住宅リフォームする前に私が書いてある情報に出会うことです。

そして、住宅リフォームのリスクを知ることです。

そして、私のような一級建築士の資格をもっている人に相談することです。

そして、私のような一級建築士の資格をもっている人に工事の監理を依頼することです。

住宅リフォーム工事に精通したプロによる第三者チェックが必要だと思います。

一級建築士と聞くと、敷居が高そうだと思うかもしれません。

だけど、私なら、見積書のチェックから契約の立会い、

図面、工程表のチェック、中間検査、完了検査まで、

なんと、3万円で、できます。(名古屋市近郊のみ)

もし、不必要な工事なら「その工事は、必要なし」と断言いたします。

他にも、住宅リフォームの監理をやってくれる一級建築士はいくらでもいるはずです。

ぜひ、相談してみてください。

何百万円もかけて、トラブルでいやな思いをするぐらいなら、

一級建築士に3万円支払って、きちんとした住宅リフォームになるよう監理してもらった方がお得だと思いますが、どうでしょうか?

もし、すでに住宅リフォーム、特に自宅のリフォームトラブルに巻き込まれてしまった場合、

対策を練る必要があると思います。

修理や手直しをするにしても、プロの力を借りて、スマートに処理した方がいいのではないでしょうか?

その場合、私なら無料で相談に乗ることができます。(名古屋市近郊のみ)
1kyu