NHKをぶっ壊す




最近、離婚が増えています。
離婚で問題になるのが、財産分与。そのとき気になるので、住宅ローン。どうやって、分けたらいいのか。
そのまま、放っておいたら住宅の資産価値は目減り。最悪の場合、ローンが払えなくなって、競売にかけられるケースも多い。
競売にかけられると実際の資産価値の5割しか戻らない。
多額のローンだけが残ることも多いにある。
離婚住宅ローン問題が発生したら、任意売却を検討するのがベスト。

任意売却とは
任意売却を知る為に、まず「住宅ローンの延滞問題」を知る方が分かりやすいです。
最近はテレビなどでも、特集を組まれている住宅ローンの延滞問題。
そもそも住宅ローンを払えないとどうなるの?というところから見て行きましょう。
リストラ、減給、勤務先の倒産、カードローン借入、離婚など家族の事情、長期入院のような健康上の都合など、何らかの事情で住宅ローンの返済が困難になった場合、

任意売却を理解するために、まず押さえておきたいのは、
住宅ローンを支払わないと債権者(お金を貸している銀行などの金融機関)に住宅を競売にかけられてしまうと言う事。
・そして競売は債務者(住宅ローンでお金を借りている人)にとって様々な面で不利だと言う事。

・このような最悪の状態を回避する為に、債務者(住宅ローンでお金を借りている人)が、債権者(銀行などのお金を貸している金融機関)の合意の上で住宅を売る事を『任意売却』と言います。
※金融機関の合意が必要なのは、住宅ローンを借りる時に住宅がローンの担保になっているからです。
・任意売却の場合、競売とは異なり普通に住宅を売却するのと変わりませんので、適正価格(時価に近い価格)で売る事が可能です。
また、住宅を売却した後の残債務(残った借金)は、債権者(お金を貸している銀行などの金融機関)の合意を得て任意売却した場合、競売とは違い、その支払いについて話し合う事が出来ます(これも大きなメリットです)。
その結果、生活に支障のない範囲(月1万円など)で返済計画を立て直す事ができ、スムーズな離婚生活の再スタートが可能になります。