今月の目標売上げ100万円

AR「拡張現実」機能を使って、シンプルなゲームを作って見ました。

1。初期画面タップでゲーム画面に変わります。

2。平面を認識するとUFOが出現して、すぐに瞬間移動します。

3。認識した平面をタップするとプレーヤーの人形が出現します。

4。移動したUFOの真下に、下のボタンの長押しでプレーヤーを移動させます。

5。プレーヤーがUFOの真下にたどり着いたら「発射」ボタンをタップします。

6。玉が発射されてUFOにぶつかることによってポイントが入ります。

7。1分以内でUFOを消さなければゲームオーバー、消せば時間が1分に戻ってゲームが続けられます。

8。ゲームオーバーから5秒後に初期画面に戻ります。

9。ボタンは下の中央にプレーヤーの移動ボタンを配置(前進、右、左)右下の「発射」ボタンで玉の発射、右上の「リセット」ボタンでプレーヤーを初期の場所に戻します。

IMG_2419

IMG_2419