NHKをぶっ壊す

キャッチコピーを考案する場合のフレームワークをアプリ化しました。

人間の購買動機は感情に左右され、大きく分けて2種類に分類されます。

不快な感情を避ける動機と快適な感情を得るための動機の2種類です。

ですから、商品を販売するためのキャッチコピーを書く場合、

それらの感情を明確にして、的確に働きかけるように書かなければ効果が得られません。

そこで、このアプリではステップバイステップで効果の上がるキャッチコピーが作れるようにしました。

1.初期画面から上のテキストフィールドに販売したい「商品名」を入力します。

2.画面の空いた場所をタップすればキーボードが隠れます。

3.15種類の「感情」からその商品で解決できる「感情」を絞り込んで、「ボタン」をタップします。

4.タブバーの「ステップ2」ボタンをタップして次のステップに移ります。

5.テキストフィールドが2箇所ありますが、感情を表現するフレーズと感情の対象を入力します。

6.デフォルトですでに入力してありますので、参考にして修正してください。

7.タブバーの「完了」ボタンタップでキャッチコピーが3パターン作成されています。

8.その中から選ぶか、更に、改良して、完了です。

IMG_1265

IMG_1266

IMG_1267

IMG_1268

IMG_1269

IMG_1270

IMG_1271

IMG_1272