今月の目標売上げ100万円

Tシャツ
認知症患者の介護や徘徊の事故が社会問題になっていますが、

その解決のヒントがNHKの「あさイチ」にありました。

認知症患者を地域住民に覚えていただき、地域コミュニティで助け合うのがベターなようです。

そこで、認知症患者だということが誰がみてもわかるようにお揃いで

オシャレなTシャツを作成して販売するというプロッジェクトを提案いたします。

試験的に100枚製造販売したいと考えております。

いずれ、これが認知症患者のTシャツとしてデファクトスタンダードになればと期待しております。

目立つように黄色の生地に赤文字と致しました。

認知症患者を見かけたら、声を掛けたり助け合ったり、新たなコミュニティーができたりすれば、

今後の超高齢化社会を乗り越えることができるのではないでしょうか。

こういったTシャツは認知症患者が一人で着るには恥ずかしいものです。

しかし、認知症患者が当たり前のようにTシャツを着こなせられれば、恥ずかしくなくなります。

認知症患者を家族だけで介護するには限界があります。

気づいた人が誰もが助け合える社会になれば、家族の負担も軽減されると思います。