NHKをぶっ壊す

専業主婦が103万円の壁と130万円の壁に挑戦するゲームアプリです。

なぜ、専業主婦が働きに出る場合、103万円と130万円を意識するのか、

ゲームを通して理解できます。

1.初期画面では旦那の年収が200万円、基礎控除と配偶者控除、扶養控除(子供2人)で

課税所得は0円、厚生年金と健康保険料を差し引いて、手取りが173万2千円になっています。

2.右上の「ステッパー」をタップして、年収を増減することができます。

3.年収を300万円にした場合、課税所得が80万8千円となり、

住民税と所得税が課税所得に応じて差し引かれ、手取りは247万6800円となります。

4.ここからゲームのスタートです。「泣き顔」タップで奥さんの年収が加算されていきます。

5.「泣き顔」から「にこ顔」に変わります。

kabe9
kabe1 kabe2

 

 

 

 

 

 

 

 

6.「にこ顔」タップでストップします。

7.101万円から103万円でストップすれば「103万円の壁クリア」です。

それ以外は「ゲームオーバー」です。下の「もう1回」ボタンで再挑戦できます。

8.103万円までは、旦那の手取りは変わりません。

これが、「103万円」の壁です。

kabe3
kabe4
kabe5

 

 

 

 

 

 

 

 

9.「103万円の壁クリア」で続けて「130万円の壁」に挑戦できます。

10.「泣き顔」タップで奥さんの年収がそのまま加算されていきます。

11.「にこ顔」に変わって、「にこ顔」タップでストップします。

12.128万円から130万円でストップすれば「130万円の壁クリア」です。

13.ここで、旦那の手取りが247万6800円から241万9800円に減りました。

これが「103万円の壁」の理由です。配偶者控除がなくなりました。

14.130万を超えてストップした場合「ゲームオーバー」なのですが、

奥さんの年収は10万円くらい減ってしまいました。

これが「130万円の壁」の理由です。厚生年金と健康保険料の負担が増えました。

15.所得税は課税所得によって税率が変わります。

中央の「所得税」ボタンタップで確認することができます。

kabe6 kabe7 kabe8