NHKをぶっ壊す

損益分岐点分析ともいわれるCVP分析のアプリです。

まずは、損益分岐点売上高を求めます。

このアプリでは、過去の最高と最低の売上高と原価から固定費と変動費率を求め、

損益分岐点売上高も求めます。

過去の最高、最低の売上と原価を入力してください。

キーボードは画面のタップで隠れます。

 

cvp1
cvp2
cvp3

 

 

 

 

 

 

 

 

「固定費」ボタン、「変動費率」ボタン、「損益分岐点売上高」ボタンタップで

それぞれが計算され出力表示されます。

そして、右上の「続ける」ボタンをタップすると画面が変わります。

現在の売上高と目標利益を入力してください。
cvp4
cvp5
cvp6

 

 

 

 

 

 

 

 

「損益分岐点比率」ボタン、「安全余裕率」ボタン、「目標売上高」ボタンをタップしてください。

それぞれが計算され表示されます。

損益分岐点比率は売上高に締める損益分岐点の割合です。

安全余裕率は売上高に締める利益の割合です。

目標利益から目標売上高が計算されます。
cvp7
cvp8
cvp9

 

 

 

 

 

 

 

 

右上の「続ける」ボタンをタップすると画面が変わり、感度分析の画面になります。

売上、変動費、固定費、利益に前画面での結果が表示されています。

ここでは、スライドバーをスライドさせて、

売上、変動費、固定費を変更させたときの利益の変化を見ることができます。

それぞれプラスマイナス50%変化させることができます。

どうすれば利益が上がるのか、検討してください。
cvp10
cvp11
cvp12
cvp13