NHKをぶっ壊す

NHKの朝ドラ「あまちゃん」を見終わって、続けて朝イチを

見ていたら、驚きました。

高年齢者雇用安定法が若者の新規雇用を奪うものなら、問題がありそうです。

高齢者の立場からの考察してみます。

まず、退職金があるので、無職でも年金支給までの期間、

すぐに困ることはないでしょう。

そして、高齢者の仕事へのモチベーションについてですが、

雇用延長はされるものの降格になると思います。

その場合、仕事へのやりがい、生きがいが保たれるのか危惧されます。

それより、新規一転、起業するというのはどうでしょうか。

お金もあるし、経験もある。

やりがいもある。

人間土壇場に立たされれば、底力が出ます。

そして、生きがいを持った高齢者は、

日本の財政を圧迫する医療費の軽減にも貢献するはずです。

関連ビジネスも立ち上がります。

経済も活性化するはずです。

私の経営コンサルタント事業部も軌道に乗るかもしれません。

あのケンタッキーフライドチキンのカーネル・サンダースも

65歳から起業しました。

もし、高年齢者雇用安定法でカーネル・サンダースが保護されていたら

ケンタッキーフライドチキンは、存在していないかもしれません。