NHKをぶっ壊す

現在の賃金カーブの問題は、

最もお金を必要とする30代の賃金が安くて、

50代が高すぎる。

仕事の生産性が最も高い30代の賃金が安くて、

50代が生産性の割に賃金が高すぎる。

だから、企業は50代をリストラのターゲットにするわけです。

tingin

私の提案は、20代から30代まで賃金の上昇率を高めて、

40代以降は、緩やかな上昇か水平でもいいと思います。

そうなれば、早くから所帯を持ちやすく少子化にも歯止めがかかるはずです。

そして、産業競争力会議で提案されている「解雇の原則自由」

についても、恐ることはありません。

50代が解雇の対象になりにくくなるからです。

解雇されるくらいなら、給料が下がっても現在の職場にとどまる方がいいでしょう。

ようするに国民の理解を得られやすい対策ではないでしょうか。